【git チートシート】gitの変更/差分確認方法

commitの履歴、ハッシュ値を確認
commitの変更点を確認
変更したファイルの一覧を表示
変更したファイルの差分を確認
add、commit後のファイルの差分を確認
最新のリモートリポジトリとの差分を確認
差分確認オプション


commitの履歴、ハッシュ値を確認

# 全てのcommitの履歴を確認
$ git log

# commitの履歴とそこで変更されたファイル名を表示
$ git log --name-only

# commitのハッシュ値+commitメッセージの1行目を表示
$ git log --oneline

# ブランチの分岐確認
$ git log --graph

# 指定文字列に一致するcommitのみを表示
$ git log --grep [文字列]

commitの変更点を確認

# 現在のブランチの1つ前のcommitの変更点を表示
$ git show

# 現在のブランチの1つ前のcommitの変更点を表示
$ git show [commitのハッシュ値]

変更したファイルの一覧を表示

# 全体の変更を確認
$ git status

# 特定のディレクトリ・ファイルの変更を確認
$ git status [ディレクトリパスorファイルパス]

変更したファイルの差分を確認

# 全体の差分を確認
$ git diff

# 特定のディレクトリ・ファイルの差分を確認
$ git diff [ディレクトリパスorファイルパス]

# commit同士の差分を確認
$ git diff [新しいcommitのハッシュ値] [古いcommitのハッシュ値]

add、commit後のファイルの差分を確認

# git add した後に変更点を確認する
$ git diff --cached

# git commit した後に変更点を確認する
$ git diff HEAD^

最新のリモートリポジトリとの差分を確認

# 最新のリモートリポジトリとの差分を確認する
$ git fetch origin master
$ git diff FETCH_HEAD

差分確認オプション

# 差分があるファイル名のみ確認
$ git diff --name-only

# 差分の量を確認
$ git diff --stat

# 差分の前後に表示される行数を変更 (前後に表示したい行数を指定)
$ git diff -U[行数]

# 行単位ではなく単語単位で差分を表示する
git diff --color-words

# 空行を差分として表示しない
git diff --ignore-blank-lines

# 空白や改行コードを差分として表示しない
git diff --w
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です